スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

昔語り

2007/12/16 16:07


私が生まれる前から、ウチには猫がいました。
だから猫は家族という認識です。

ところがです。

私は猫の毛アレルギーとアトピーを発症してしまいまして。

ウチでは飼い続けましたが、
一人暮らしをするようになってからは
猫と無縁の生活を送ってまいりました。

同居できない分、外で猫を見かけると狂喜乱舞して近寄り、
触らせてくれる猫さんだったら撫でまわしてました
(その後で手は洗い、アレルギーが出ない様にしてました)。


ある日。
住居マンションの前の道路で猫を見かけました。
もちろん駆け寄り 「おいで?」 と言いますと
なんと! しゃがみ込んだ私のヒザに乗って甘えるではありませんか♪

もう心ゆくまで撫でまくり撫でまわし
「じゃぁね」 と言って別れました。

その猫はその場に座り、私たちが帰るのを見送ってくれました。

翌日、同じ猫に再会しましたので
コンビニで猫缶を買い
コッソリと玄関先まで招き入れ、あげました。




昔語り1?



がっふんがっふん言いながら平らげた猫ちゃん。




昔語り1?



食後、ちょっと寛いでもらって、外に帰りました。
その猫ちゃんこそ、後に家族となる とらさん です。

こうして彼女と運命の出会いをしたのでした。


スポンサーサイト

昔語り・とら編  | コメント : 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。